転職先企業のリサーチのポイント

退職後の転職活動はその軍資金をいかに準備するかを考える必要があり、その方法をいくつか考察します。

What's New
転職先企業のリサーチのポイント

転職時の資金準備を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職を考えるとき、大切なことの一つに退職後の軍資金の準備があります。転職する時は次の会社が決まってから退職するのが鉄則ですが、勤務時間が長くなかなか転職活動する時間がないなど退職後に就職活動することを余儀なくされる場合があります。その際、考えねばならないのは退職後の軍資金のことです。まず、退職金の有無や金額、失業手当がいくらで何カ月支給されるか、給付制限はあるかなどを確認しておきましょう。任意退職の場合、通常3カ月の給付制限がありますので注意しましょう。賞与が出るならなるべくもらってから辞めましょう。また、国民年金や住民税の非課税あるいは、減免措置、健康保険の任意継続と国民健康保険ではどちらが安くなるかもあらかじめ確認しておきましょう。なるべく出費を抑える対策が必要です。田舎に帰っても職がないなどそこでどうしても就職活動しなければならない理由のない独身者であれば実家に帰るのも一手です。

転職時に給付制限がつく場合、その間少しだけならアルバイトが許される場合があります。月間何日までなら許されるかあらかじめハローワークに確認しておきましょう。勿論、無断でアルバイトをすれば3倍返しのペナルティとなります。必ずハローワークに確認し、許可を得てください。また、給付制限期間中でも公共職業訓練を受講するとその間給付制限が解除され、失業手当がもらえます。自分が身につけたい訓練がないかもあらかじめ確認しておきましょう。