転職先企業のリサーチのポイント

転職が決まった場合は、円満退社することが最後の関門です。人は信用が大事ですので早めに対応すべきです。

What's New
転職先企業のリサーチのポイント

転職の最後の締めくくり、円満退社

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職先が決まって、いよいよ退社を進める段階になったとしたら気を抜いてはいけません。円満に退社することは非常に大事なことです。仮にその会社と二度と関わりがなくなるとしても、ビジネスの世界は信用で成り立っています。その信用をなくして退社してしまうことは、自分にとって大きなマイナスになると考えるべきでしょう。円満に退社できることが転職先でも成功できる試金石になるのです。

退社する時期については、最低でも2カ月前ぐらいに相談をすべきでしょう。多くの就業規則では一か月前、労働基準法では2週間前というラインもありますが、業務の引き継ぎ等のことを考えるとある程度余裕を持って進めるべきです。もちろん、1年前など早すぎればいろいろと違った面倒なことが起こる可能性があることも2カ月という理由です。

さらにタイミングとしては、その会社の都合もよく考える慎重さが求められます。例えばできる限り繁忙期を避けることで、温かく送り出してもらえるタイミングを図ることや、仕事を引き継ぐ人への引き継ぎは丁寧に行うことや、取引先の信用をなくさないように次の担当者の紹介まで含めてしっかり引き継ぎを行うことです。当然、転職先を明かす必要はありませんが、守秘義務だけは守ることも必要です。