転職先企業のリサーチのポイント

転職で企業が実務に関連した資格に一定の評価するのは、資格に含まれる専門知識やスキルが実務に直ぐに役立つからです

What's New
転職先企業のリサーチのポイント

転職での英語力は将来的に必須

このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験や異業種からの転職では資格というのは学習意欲の物差しと評価されやすい部分はあります。一方で評価が低いのは本人の実務に関係ない資格や資格そのものが今の仕事のニーズとずれていれば評価の対象外になります。そうした資格については相手に伝えるべきではないかも、アピール材料どころか、かえって逆効果になってしまう場合もあります。ただし採用条件になっている保有資格は優先して書き、技術系などで採用側が求めていると思われるスキルに関する資格は漏れなく書くことです。又、企業が実務に関連した資格に一定の評価をするのは、資格に含まれる専門知識やスキルが実務に直ぐに役立つからです。

転職者の採用が資格の有無を重視して判断されることはないし、逆に仕事に関連した資格を取得していても、望む仕事に就けるとは限りません。現代の日本企業では世界展開する日本メーカーが増え続けています。中には英語が社内公用語になっていたり、一定以上のレベルの英語力が昇格の条件になっている企業もあります。入社すればビジネスの展開は未知数のところがあり、海外企業との事業の提携や海外進出など国際取引をする企業は増える状況です。将来のキャリアに備え英語力を磨いておいて損はありません。