転職先企業のリサーチのポイント

転職と言うものは理由があものです。よい理由というものがありますから、そうしたほうがよいのです。

What's New
転職先企業のリサーチのポイント

転職の理由というものは

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職の理由で多いのは実は人間関係です。これは仕方ないことではあるのですが、面接のときにそれをいいますと確実といってよいくらいです。これは、人間同士が集まって仕事をしているわけですから、仕方ないのです。しかし、それでも転職をするときの理由としては、かなりよくないことです。個人的にはよいのでしょうが、組織的にはそれが好意的に迎えられることはありませんから、基本的には言わないほうがよいのです。面接のときにいうことになるのですが、それでも違う理由を用意しておいたほうがよいです。それが自分がメリットになるからです。ちなみによい理由というのは、ポジティブな理由というのは、給料が高くしてほしいとか、スキルアップしたいとかそうしたことです。ちなみにやめたほうがよい、仕事を変えたほうがよい、というときも必ずあります。

ドラッカーという経済学者、経営学者が、組織が腐っているとき、自分の待遇が評価にあっていないときなど、或いは正しい評価を受けられないときには、辞めたほうがよい、ということを言っています。これは非常によい言葉ですから、覚えておくことです。言うまでもありませんが、あくまで転職は慎重にやるべきことになります。