転職先企業のリサーチのポイント

転職を行う上で、自分と真剣に向き合う事は大切。自分を書面でいかにアピールするかで、採用企業の受け止め方が違う。

What's New
転職先企業のリサーチのポイント

転職こそ自分と向き合う最良のチャンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職をしようとする時、一番大切なのは自分と向き合う事だと思います。普段会社に行って働いていると、じっくり自分と向き合って、自分の過去、将来、自分の強み・弱みなど考える機会はないと思います。時間もないですし、そんな事、面倒くさいし、自分の事は自分が一番わかっていると思っているからです。けどこれから自分の事を第3者にアピールしていくのです。しかも最初は書類(履歴書・職歴書)だけでアピールしますし、その段階で6割くらいははねられます。だとしたら、自分と真剣に向き合うのがどれ程大切な事か、実感できると思います。

私はその書類選考で、30社程はねられまし。結構ショックです。私の場合、在職しながら転職活動でしたので、まだ良かったですが、それでも気は焦っていました。嘘はいけません。けど同じ自分がやってきたことでも、アピールの方法によって、採用側企業の受け止め方は違います。その為に、本を読むのもよいですし、ネットで検索するのも良いです。しかし一番は転職支援企業のキャリア・アドバイザーに相談することだと思います。彼ら彼女らは、その道のプロです。経験を積んでいる人に巡り合えば、それだけ自分と似た境遇の人たちを見ている訳ですから、その話を聞くだけで為になります。一生にそうそう経験しない転職活動ですから、真剣に自分と向き合ったら良いと思います。