転職先企業のリサーチのポイント

晴れて内定をもらい、次の会社に転職する場合、今の会社を円満退社するには何に気を付けるべきかをまとめました。

What's New
転職先企業のリサーチのポイント

転職時の円満退社の方法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

次の会社に転職する際、今の会社を退社するわけですが、円満に進めたいところです。円満退社するには適切なタイミングでいくつかのステップを踏んでいくことが大切です。まず、退職の意思表示を退職日の2か月ほど前を目標に行います。これは業務の引き継ぎや取引先へのあいさつなどの時間を確保するために日程的にある程度の余裕が必要です。また上司への意思表示のタイミングは、業務に差し支えないように繁忙期を避けるなどの配慮をします。次に目標の退職日の1か月前ぐらいから、実際の退職日と次の会社への入社日等を調整します。今の会社の業務に支障をきたさないように一方的に話しを進めるのではなく、よく今の上司や会社と話し合ってお互いに納得のできるような日程で決めていきます。また、転職先の企業への入社日は一度決めたら、変更の必要が無いように注意します。

退職日が決まったら、次に退職願の提出と業務の引き継ぎを開始します。退職願は会社所定のフォーマットがある場合はそれを使用し、なければ市販のものやネットで探してきたようなものでもかまいません。丁寧に記入することは当然ですが、詳細な退職理由まで記入する必要はありません。業務の引き継ぎは概ね退職日の3日ほど前に完了していることが理想です。顧客リストなどの重要書類や業務に関連するデータなどはまとめて渡すか、保管されている場所がわかるようなリストやメモを残しておきます。業務引き継ぎ書などを作成して、それにすべてをまとめて記入しておくのもいいでしょう。得意先などがある場合はあいさつ回りをします。引き継ぎ者がいる場合はそのタイミングで紹介することになります。転職先などは特に伝える必要はありません。最後にお世話になった方にはできれば挨拶状を渡し、それが難しい場合や社内の人にはEメールなどで謝意を伝えます。